忙しさに更新が遅れてしまいましたが、18日月曜日に第二回講義が終了し、明日は第三回です。

第二回では、第1章の後半について講義すると同時に、法化社会の進展、さらには、近年のグローバル化の拡大について、学生のみなさんとのやり取りを交えながら考察しました。

それにしても、近年のグローバル化の進展には目覚ましいものがありませんか?
近隣のコンビニやファーストフード店、居酒屋など、日本人の店員の方が少なくなってきた感があります。
また、日本企業についても、最近のシャープの台湾企業による買収のニュースなど、国境の垣根がかなり低くなっていることを認識せざるを得なくなっています。

法学部もグローバル化対応できていないと、時代に取り残された学部になりかねませんね。

明日、第三回講義は第2章に入ります。まずは、法的知識と六法の引き方です。設門につき、自分なりの帰結を是非考えてきてみてください。